【VBA講座】VBAにおけるステートメントについて

VBAには
 ・ステートメント
と呼ばれるものがあります!

VBAにおけるステートメントとは
 ・制御文 ※IF文やFOR文等
 ・関数のような処理 ※テキストファイルを開くOpen等
 ・その他色々 ※変数を定義するためのDim等
の総称です!

PR

VBAにおける「ステートメント」とは

VBAにおけるステートメントとは
 ・制御文 ※IF文やFOR文等
 ・関数のような処理 ※テキストファイルを開くOpen等
 ・その他色々 ※変数を定義するためのDim等
の総称です。

具体的には以下の公式ページに記載されているものです。


上記のページには「財務諸表」と記載されていますが、これは翻訳が不適切です。

公式サイトの「ステートメント」のページ(日本語版)
公式サイトの「ステートメント」のページ(日本語版)


英語版の当該ページを見ると「Statements」となっています。
※日本語訳も素直に「ステートメント」とすればいいのに…財務諸表は変でしょ…と思います。

公式サイトの「ステートメント」のページ(英語版)
公式サイトの「ステートメント」のページ(英語版)


他のプログラミング言語にも「ステートメント」と呼ばれるものがありますが、VBAの「ステートメント」とは少し意味合いが違います。
※「同じ単語でも意味合いが違う」ことは、プログラミングの世界では「あるある」です。

PR

「ステートメント」の使用例

以下の記事で各種ステートメントを紹介/使用をしています。

気になった記事をご確認ください。


●If…Then…Elseステートメント
条件分岐を実現するステートメント(制御文)です。


●For Each…Nextステートメント(For Each文)
コレクションの数だけ繰り返しをするステートメント(制御文)です。
※下記の記事ではSelect Caseステートメントも使用しています。


●Withステートメント
可読性を向上させるためのステートメント(制御文)です。


●Openステートメント、Inputステートメント
以下を行うステートメント(関数のような処理)です。
・テキストファイルを開く
・開いたテキストファイルの内容を読み取る


●SendKeysステートメント
キーボードを自動化するステートメント(関数のような処理)です。

PR

「Date」と「Time」について

「Date」と「Time」は、「関数」と「ステートメント」の両方にあります。

以下は別のモノです
・「Date関数」と「Dateステートメント」
・「Time関数」と「Timeステートメント」

違いについては公式サイトを確認ください。

●Date関数


●Dateステートメント


●Time関数


●Timeステートメント

タイトルとURLをコピーしました