【VBA】データバーを設定する

例えば以下の表の列「売上」に、

列「売上」
列「売上」

データバーを設定できます!

 列「売上」 にデータバーを設定
列「売上」 にデータバーを設定

データバーを設定により、
数値が視覚的に分かりやすくなります!

データバーは「条件付き書式」を用いて
設定します!

PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・シート「sample」の列「売上(=3列目)」に
 ・データバー(赤色)を設定
します。

実行前
実行前
Option Explicit

Sub sample()

    '列「売上」
    Const SALSE_COLUMN As Integer = "3"
    
    Dim startRange As Range
    Dim endRow As Double
    Dim endRange As Range
    Dim dataBar As dataBar

    '開始セルを取得
    Set startRange = Worksheets("sample").Range("C3")
    '最終行を取得
    endRow = startRange.End(xlDown).row
    '最終セルを取得
    Set endRange = Worksheets("sample").Cells(endRow, SALSE_COLUMN)
    
    'データバーを取得(=設定)
    Set dataBar = Range(startRange, endRange).FormatConditions.AddDatabar
    
    With dataBar
        '最小値を最短のデータバーにする
        .MinPoint.Modify newtype:=xlConditionValueAutomaticMin
        'データバーの色を赤にする
        .BarColor.Color = XlRgbColor.rgbRed
    End With

End Sub

「FormatConditions」オブジェクトの「AddDatabar」メソッドにより、「DataBar」オブジェクトを取得(=設定)します(22行目)。

「DataBar」オブジェクトを使用して、「最小値を最短のデータバー」にしています(26行目)。

「DataBar」オブジェクトを使用して、「データバーの色を赤」にしています(28行目)。

PR

実行結果

データバー(赤色)を設定できました。

実行結果
実行結果
PR

参考①

上記のVBAコードで使用した以下の詳細については、公式サイトをご確認ください。

●「FormatConditions」オブジェクトの「AddDatabar」メソッド


●「DataBar」オブジェクト

PR

参考②

上記のコードでは「データバーの色を赤」にするために、列挙体「XlRgbColor」の定数「rgbRed」を使用しています。

列挙体「XlRgbColor」の詳細については、以下の記事をご確認ください。

PR

参考③

列挙体そのものについては、以下の記事をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました