【Excel関数】絶対値の最大値/最小値を取得する

絶対値の最大値/最小値
 ・MAX関数/MIN関数
 ・ABS関数
 ・配列数式
を組み合わせることで、取得できます!

マイナス値を含んだモノの中から、
絶対値の最大値/最小値を取得したい時に便利です!

PR

書式(絶対値の最大値/最小値を取得)

書式(絶対値の最大値を取得)

=MAX(ABS(セル範囲))

書式(絶対値の最小値を取得)

=MIN(ABS(セル範囲))

●ABS関数の引数
セル範囲」を指定します。

上記をセルに入力後、セルにフォーカスがある状態で
 ・「Ctrl + Shift + Enter」を押して「配列数式
にします。
※Enterのみを押しても「配列数式」になりません。
※「配列数式」にしないと指定したセル範囲内の最大値/最小値を取得できません。

PR

使用例(絶対値の最大値/最小値を取得)

ここでは例として以下を指定します。

●ABS関数の引数
セル範囲「C3~C6」

セル「E3」※絶対値の最大値を取得

=MAX(ABS(C3:C6))


セル「E6」※絶対値の最小値を取得

=MIN(ABS(C3:C6))


セル「E3」および「E6」に上記を入力し、「Ctrl + Shift + Enter」を押して「配列数式」にすると、以下になります。

絶対値の最大値を取得
絶対値の最大値を取得
絶対値の最小値を取得
絶対値の最小値を取得

セル範囲「C3~C6」
 ・最大値は5,000(-5,000)
 ・最小値は1,000
のため、
 ・セル「E3」は5,000 ←絶対値の最大値
 ・セル「E6」は1,000 ←絶対値の最小値
となりました。

PR

参考

上記で使用した以下の詳細については、公式サイトをご確認ください。

●MAX関数


●MIN関数


●ABS関数

タイトルとURLをコピーしました