【Excel/SUMIFS関数】複数の条件を満たすデータの合計を取得する

SUMIFS関数は
 ・複数の条件を満たすデータの
 ・合計を取得
する関数です!

条件は
 ・2つでも3つでも4つでも指定可能
です!

SUMIFS関数は
 ・Excel2007で追加された関数
です!

SUMIFS関数は
 ・SUMIF関数の強化版
です!
※SUMIF関数は条件を1つしか指定できません。

PR

SUMIFS関数の書式

SUMIFS関数の書式

=SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, 条件範囲2, 条件2, …)


●第1引数
「合計対象範囲」として、「一連のセル範囲」を指定します。

●第2引数
1つ目の条件の「条件範囲」として、「一連のセル範囲」を指定します。

●第3引数
1つ目の条件の「条件」として、 or 1つのセルを指定します。

●第4引数
2つ目の条件の「条件範囲」として、「一連のセル範囲」を指定します。

●第5引数
2つ目の条件の「条件」として、 or 1つのセルを指定します。

●第6引数、第7引数...
・・・

PR

SUMIFS関数の使用例

ここでは例として以下を指定します。
※2つの条件を満たすデータの合計を取得します。

第1引数:「合計対象範囲」D列「売上」セル「D3:D9」
第2引数:「条件範囲1」B列「支店名」 ※セル「B3:B9」
第3引数:「条件1」に値「東京」
第4引数:「条件範囲2」C列「担当者名」セル「C3:C9」
第5引数:「条件2」に値「佐藤」

=SUMIFS(D3:D9,B3:B9,"東京",C3:C9,"佐藤")
SUMIFS関数の結果
SUMIFS関数の結果

「1,000」+「4,000」+「7,000」合計として、「12,000」を取得できました。

PR

参考①

SUMIFS関数の詳細については、公式サイトをご確認ください。

PR

参考②

Excel2007で「SUMIFS関数」が追加される以前は、
 ・「SUMIF関数」と「AND関数」を組み合わせて
 ・「複数の条件を満たすデータの合計を取得」
していました。

「SUMIF関数」と「AND関数」の組み合わせを見たら、
 ・「SUMIFS関数と同等のことをしているんだなぁ」
と考えてよいです。

タイトルとURLをコピーしました