【VBA】一番シンプルなセルのコピー&ペースト方法

マクロの記録でセルをコピー&ペーストすると、
以下のように4コードが自動生成されます。
※「SelectしてCopyして、SelectしてPasteするコード」が生成されます。

ですがセルのコピー&ペーストは、
Copyにより1コードで実現できます!

1コードで実現できるため、
コードを簡潔にすることができます!

VBAコード

ここでは例として、シート「sample」の
 ・セル「B2」をコピーして
 ・セル「D2」へペースト
します。

Sub sample()
    'セル「B2」をセル「D2」へコピー&ペースト
    Worksheets("sample").Range("B2").Copy Worksheets("sample").Range("D2")
End Sub

実行結果

セル「B2」をセル「D2」へコピー&ペーストすることが出来ました。

備考(マクロの記録で自動生成されるVBAコードについて)

基本的にマクロの記録で自動生成されるVBAコードは、
 ・不必要に冗長になる(コード量が多くなる)
 ・可読性が良くない
です。

保守性を良くするために、自動生成されたVBAコードをそのまま使用するのは控えましょう。
参考程度に留めましょう。

タイトルとURLをコピーしました