VBAマクロを実行させずにExcelファイルを開く

「Workbook_Open」プロシージャを設定していると、
Excelファイルを開いたタイミングでVBAマクロが実行されます。

「Workbook_Open」プロシージャが設定されていたとしても、
VBAマクロを実行されないようにExcelファイルを開く手順を記載します。

手順

手順

Excelを起動する。

手順

「開く」-「参照」をクリックする。

手順

対象のエクセルファイルを選択し、SHIFTキーを押しながら「開く」をクリックする。

例えば
 開くと同時にVBAにより更新されるExcelファイルに対し、
 更新される前の状態を確認したい時に
上記の手順で開きます。

タイトルとURLをコピーしました