【VBA】エラーかどうかを判定する

VBAで
 ・エラーかどうかを判定
できます!

VBA関数である
 ・IsError関数
により判定できます!

PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・シート「sample」のセル「B3」の値を取得して
 ・値がエラーかどうかを判定
します。

セル「B3」の値。数式がエラーになっている。
セル「B3」の値。数式がエラーになっている。
Option Explicit

Sub sample()
    
    Dim bool As Boolean
    
    'データがエラーかどうかを取得
    bool = IsError(Worksheets("sample").range("B3"))
    
    'エラーかどうかを判定
    If bool Then
        MsgBox "数式がエラーになっています。入力内容を確認してください。"
    End If
    
End Sub

VBA関数「IsError」により、エラーかどうかを判定します(8行目)。

PR

実行結果

エラーかどうかを判定できました。

実行結果
実行結果
PR

参考

上記のVBAコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●VBA関数「IsError」

タイトルとURLをコピーしました