【VBA】フィルターされたリスト(配列)を作成する【FILTER関数】

例えば
 ・以下のB列「売上」の値
から…

フィルターされる前の値
フィルターされる前の値

「フィルターされたリスト(配列)」を
作成できます!
※例えば「値が300以上」でフィルター。

フィルターされたリスト
フィルターされたリスト(配列)

VBAから
 ・ワークシート関数である「FILTER関数」
を使用することで実現できます!
※FILTER関数はOffice365のExcelでのみ使用できる関数です。

PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・シート「sample」のB列「売上」の値を使用して
 ・条件「値が300以上」でフィルターされたリスト(配列)を作成し
 ・イミディエイトウインドウへ出力
します。

フィルターされる前の値
フィルターされる前の値
Option Explicit

Sub sample()
    
    Dim targetSheet As Worksheet
    Dim startRange As Range
    Dim endRow As Double
    Dim endRange As Range
    Dim targetRange As Range
    Dim arrFilterList As Variant
    Dim item As Variant

    'リストのある対象シートを取得
    Set targetSheet = Worksheets("sample")

    'リストの開始セルを取得
    Set startRange = targetSheet.Range("B3")
    'リストの最終行を取得
    endRow = startRange.End(xlDown).Row
    'リストの最終セルを取得
    Set endRange = targetSheet.Cells(endRow, startRange.Column)

    'リストの対象範囲を取得
    Set targetRange = targetSheet.Range(startRange, endRange)
    
    'フィルターされたリスト(配列)を作成
    arrFilterList = WorksheetFunction.Filter(targetRange, Evaluate(targetRange.Offset(0, 0).Address & ">=300"))

    For Each item In arrFilterList
        'フィルターされたリスト(配列)をイミディエイトウインドウへ出力
        Debug.Print item
    Next

End Sub

「WorksheetFunctionオブジェクト」の「Filter」メソッドにより、「フィルターされたリスト(配列)」を作成します(27行目)。
※ワークシート関数「FILTER関数」です。
※上記は条件「値が300以上」でフィルターしています。

「WorksheetFunctionオブジェクト」の「Filter」メソッドは、Office365でのみ使用できるメソッドです。
※プリインストールされているExcelでは使用できません。

プリインストールされているExcelで「Filter」メソッドの実行を試みると、以下のエラーが発生します。

エラーメッセージ
エラーメッセージ
PR

実行結果

「フィルターされたリスト(配列)」を作成できました。
※条件「値が300以上」でフィルターできました。

実行結果
実行結果
PR

参考①

ソート(並び替え)されたリスト(配列)」の作成もできます。

詳細は以下の記事をご確認ください。

PR

参考②

重複を除いたリスト(配列)」の作成もできます。

詳細は以下の記事をご確認ください。

PR

参考③

上記のVBAコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●FILTER関数


●イミディエイトウィンドウへ出力


タイトルとURLをコピーしました