【VBA】条件付き書式を使用して、セルが空白のときに背景色を付けて目立たせる

入力漏れ防止のために
 ・条件付き書式を使用して
 ・セルが空白のときに
 ・背景色を付けて目立たせる
方法を記載します!

セルが空白の場合、背景色が付く
セルが空白の場合、背景色が付く
入力されたら、背景色が解除される
入力すると、背景色が解除される
PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・シート「sample」のセル「C2」、「C4」、「C6」に対し
 ・条件付き書式を使用して、空白のときに背景色を黄色に設定
にします。

Option Explicit

Sub sendMail()

    Dim sheet As Worksheet
    
    Set sheet = Worksheets("sample")
    
    Call setFormatConditionsInputCheck(sheet.range("C2"))
    Call setFormatConditionsInputCheck(sheet.range("C4"))
    Call setFormatConditionsInputCheck(sheet.range("C6"))
    
End Sub

Function setFormatConditionsInputCheck(range As range)

    '条件付き書式。値が空白の場合
    With range.FormatConditions.Add(Type:=xlCellValue, Operator:=xlEqual, Formula1:="=""""")
        '背景色を黄色にする
        .Interior.Color = XlRgbColor.rgbYellow
    End With

End Function

「FormatConditions.Add」の引数に以下を指定します(18行目)。

Type・・・・・xlCellValue
Operator・・・xlEqual
Formula1・・・”=”””””

PR

実行結果

条件付き書式を使用して、セルが空白のときに背景色を付けて目立たせることができました。

セルが空白の場合、背景色が付く
セルが空白の場合、背景色が付く


入力をすると、背景色が解除されます。

入力すると、背景色が解除される
入力すると、背景色が解除される


セルを空白に戻すと、再び背景色が付きます。

セルを空白に戻すと、再び背景色が付く
セルを空白に戻すと、再び背景色が付く
PR

参考①

上記のVBAコードでは、色の指定に列挙体「XlRgbColor」を使用しています。

列挙体「XlRgbColor」の詳細については、以下の記事をご確認ください。

PR

参考②

列挙体そのものについては、以下の記事をご確認ください。

PR

参考③

上記のVBAコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●FormatConditions.Add


タイトルとURLをコピーしました