【Excel/SWITCH関数】評価結果によって多方向に条件分岐する

SWITCH関数は
 ・評価結果によって
 ・多方向に条件分岐する
関数です!

分岐は
 ・2つでも3つでも4つでも指定可能
です!

SWITCH関数は
 ・VBAでいうSelect Case文
 ・C言語やJavaでいうswitch文
です!

SWITCH関数は
 ・Excel2019で追加された関数
です!

SWITCH関数は
 ・IFS関数の簡易版
です!
※SWITCH関数でできることは、IFS関数でもできます。

違いは
 IFS関数・・・・・複雑な条件(評価方法)を指定可能
 SWITCH関数・・ 単純な条件(評価方法)のみ指定可能
です!
※故にSWITCH関数の方がシンプルな記載になります。
※単純な条件(評価方法)ならば、シンプルなSWITCH関数を使ったほうが良いです。

PR

SWITCH関数の書式

SWITCH関数の書式

=SWITCH(評価するセル
   評価結果①返す値①,
   評価結果②返す値②,
   評価結果③返す値③,
   …,…,
   どれにも当てはまらない時に返す値)

●第1引数
「評価するセル」を指定します。

●第2引数、第3引数、…、…
「評価結果」「返す値」を指定します。

●最後の引数
「どれにも当てはまらない時に返す値」を指定します。指定は任意です。

PR

SWITCH関数の使用例

ここでは例として以下を指定します。
※セル「C3」に記載するSWITCH関数を記載します。

第1引数  :「評価するセル」セル「B3」
第2、3引数:「評価結果」「春」「返す値」「Spring」
第4、5引数:「評価結果」「夏」、「返す値」「Summer」
第6、7引数:「評価結果」「秋」「返す値」「Autumn」
第8、9引数:「評価結果」「冬」「返す値」「Winter」
第10引数 :「どれにも当てはまらない時に返す値」「季節でない」

=SWITCH(B3,"春","Spring","夏","Summer","秋","Autumn","冬","Winter","季節でない")
SWITCH関数の結果
SWITCH関数の結果

例えばセル「C3」に記載したSWITCH関数は、
 ・セル「B3」が「春」のため、
 ・文字列「Spring」が返る
という結果になりました。

上記のSWITCH関数をプログラミング(VBAのSelect Case文)で表すと、以下になります。

Select Case Range("B3")
    Case "春"
        Range("C3") = "Spring"
    Case "夏"
        Range("C3") = "Summer"
    Case "秋"
        Range("C3") = "Autumn"
    Case "冬"
        Range("C3") = "Winter"
    Case Else
        Range("C3") = "季節でない"
End Select
PR

参考①

SWITCH関数の詳細については、公式サイトをご確認ください。

PR

参考②

冒頭に記載した通り、「SWITCH関数」は「IFS関数」の簡易版です。

「IFS関数」の詳細については、以下の記事をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました