【VBA】【時短】条件を満たした場合にのみ処理を止める

例えば

 ・繰り返し処理をしている時に
 ・80回目の繰り返しでエラーが発生する
時があります!

原因を調査するために、

 ・繰り返し80回目まで
 ・ステップ実行ボタンをクリックし続けるのは大変
です!

Debug.Assertを使用することで、
 ・任意の繰り返し回数の時に
 ・処理を止める
ことができます!
※ブレークポイントの設定は不要です。

Debug.Assertを活用して時短しましょう!

PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・繰り返し回数が80回目の時に
処理を止めます。

Option Explicit

Sub sample()
    
    Dim i As Long
    
    For i = 0 To 100
        
        'カウンタ変数「i」が80の場合に処理を止める
        Debug.Assert i <> 80
    
    Next
    
End Sub

ブレークポイントを設定しなくても、処理が止まります。

繰り返しステップ実行ボタンをクリックする必要はありません。

PR

実行結果

繰り返し回数が80回目の時に、処理が止まりました。

実行結果
実行結果
PR

参考

Debug.Assertの詳細については、公式サイトをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました