【VBA】表全体をクリアする

例えば以下の表を、

表のクリア(実行前)
表のクリア(実行前)


以下のように
 ・値のクリア
 ・罫線のクリア
できます!
※見出し行を除いた部分をクリアできます

表のクリア(実行後)
表のクリア(実行後)
PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・シート「sample」のセル「B3」から下の
 ・値と罫線をクリア
します。

Option Explicit

Sub sample()
    
    Dim startRange As Range
    Dim endRow As Double
    Dim endColumn As Double
    Dim endRange As Range

    '開始セルを取得 ※クリア対象範囲の1番左上のセル
    Set startRange = Worksheets("sample").Range("B3")
    '最終行を取得
    endRow = startRange.End(xlDown).row
    '最終列を取得
    endColumn = startRange.End(xlToRight).Column
    '最終セルを取得
    Set endRange = Worksheets("sample").Cells(endRow, endColumn)
    
    '表全体
    With Range(startRange, endRange)
        '値をクリア
        .Value = ""
        '罫線をクリア
        .Borders.LineStyle = xlLineStyleNone
    End With
    
End Sub

「開始セル」は「クリア対象範囲の1番左上のセル」です。
状況に応じて修正してください。
※上記はセル「B3」にしています。

「Rangeオブジェクト」の「Value」プロパティに「””(空文字)」を設定することで、値をクリアしています。

「Rangeオブジェクト」の「Borders」プロパティで、「Bordersオブジェクト」を取得します。

「Bordersオブジェクト」の「LineStyle」プロパティに「xlLineStyleNone:線無し」を指定することで、罫線をクリアしています。

PR

実行結果

表全体をクリアできました。

表のクリア(実行後)
表のクリア(実行後)
PR

参考①

可読性が良いとは思わないためオススメはしませんが、以下でも表全体(見出し行除く)をクリアできます。
オススメはしないものの簡易な記載で実現可能のため、紹介だけしておきます。

Option Explicit

Sub sample()

    With Worksheets("sample").Range("B2").CurrentRegion
        '値をクリア(見出しである最初の行を除く)
        .Resize(.Rows.Count - 1).Offset(1, 0).Value = ""
        '罫線をクリア(見出しである最初の行を除く)
        .Resize(.Rows.Count - 1).Offset(1, 0).Borders.LineStyle = xlLineStyleNone
    End With
    
End Sub
ポイント

「CurrentRegion」と「Resize」と「Offset」を使用する。

PR

参考②

表全体を整形する方法は、以下の記事をご確認ください。

PR

参考③

上記のVBAコードで使用した以下の詳細については、公式サイトをご確認ください。

●「Rangeオブジェクト」の「Value」プロパティ


●「Rangeオブジェクト」の「Borders」プロパティ


●「Bordersオブジェクト」の「LineStyle」プロパティ


●「xlLineStyleNone:線無し」 ※列挙体「XlLineStyle」

タイトルとURLをコピーしました