【VBA】シートの内容をPDFファイルとして出力する

シートの内容をPDFファイルとして
出力できます!

PR

シートの内容をPDFファイルとして出力する

ここでは例として、
 ・シート「sample」の内容を
 ・PDFファイルとしてデスクトップ上に出力
します。

PDFファイルとして出力するシート
PDFファイルとして出力するシート
Option Explicit

Sub sample()
    
    Dim pdfFilePath As String
    Dim fso As Object
    
    'PDFファイルのパスを指定
    pdfFilePath = "C:\Users\user\Desktop\サンプル.pdf"
    
    Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    
    'PDFファイルが存在したら削除(読み取り専用でも削除)
    If fso.FileExists(pdfFilePath) Then
        fso.deleteFile pdfFilePath, True
    End If
    
    'PDFファイルを出力
    Worksheets("sample").ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, Filename:=pdfFilePath
    
    '後片付け
    Set fso = Nothing
                                     
End Sub

出力するPDFファイルが既に存在しているとエラーとなるため、出力する前に確認/削除しています(14~16行目)。

「Worksheetオブジェクト」の「ExportAsFixedFormat」メソッドにより、シートの内容をPDFとして出力します(19行目)。
※「ExportAsFixedFormat」メソッドは「Workbookオブジェクト」にもあります。参考までに。

以下のオプションを使用することで、出力するページを指定することができます。
※上記では指定していません。詳細は公式ページをご確認ください。
・From
・To

PR

実行結果

シートの内容をPDFファイルとして出力できました。

PDFファイルとして出力された
PDFファイルとして出力された
PDFファイルの内容
PDFファイルの内容
タイトルとURLをコピーしました