【VBA】オートフィルタの設定/解除をする

VBAからオートフィルタの
 ・設定
 ・解除
をする方法を記載します!

前提

シート「sample」の以下の表に対して、オートフィルタの設定と解除をします。

オートフィルタを設定

表の見出しの任意のセルに対して、オートフィルタを設定します。
ここでは例としてセル「B2」を指定します。

Option Explicit

Sub sample()
    'オートフィルタを設定
    Worksheets("sample").Range("B2").AutoFilter
End Sub

上記を実行すると、表全体にオートフィルタが設定されます。

表の見出しの任意のセルにオートフィルタを設定することで、表全体にオートフィルタが設定されます。
表の見出し全体に対して設定する必要はありません。

オートフィルタを解除

表の見出しの任意のセルに対して、オートフィルタを解除します。
ここでは例としてセル「B2」を指定します。

Option Explicit

Sub sample()
    'オートフィルタを解除
    Worksheets("sample").Range("B2").AutoFilter
End Sub

上記を実行すると、オートフィルタが解除されます。

オートフィルタの設定と解除はするコードはどちらも「AutoFilter」です。
 ・オートフィルタが設定されていない状態でAutoFilterを実行すれば設定
 ・オートフィルタが設定されている状態でAutoFilterを実行すれば解除
されます。

参考

オートフィルタ関連の記事は他にもあります。
あわせてご確認いただければと思います。




タイトルとURLをコピーしました