【VBA】オートフィルタの設定/解除をする

VBAからオートフィルタの
 ・設定
 ・解除
をする方法を記載します!

PR

前提

シート「sample」の以下の表に対して、オートフィルタの
 ・設定
 ・解除
をします。

実行前のシート
PR

オートフィルタを設定

表の見出しの任意のセルを指定して、オートフィルタを設定します。
ここでは例としてセル「B2」を指定します。

Sub sample()
    'オートフィルタを設定
    Worksheets("sample").Range("B2").AutoFilter
End Sub


上記を実行すると、表全体にオートフィルタが設定されます。

オートフィルタを設定したシート

表の見出しの任意のセルを指定してオートフィルタを設定することで、表全体にオートフィルタが設定されます。
表の見出し全体を指定する必要はありません。

PR

オートフィルタを解除

表の見出しの任意のセルを指定して、オートフィルタを解除します。
ここでは例としてセル「B2」を指定します。

Sub sample()
    'オートフィルタを解除 ※設定と同じです
    Worksheets("sample").Range("B2").AutoFilter
End Sub


上記を実行すると、オートフィルタが解除されます。

オートフィルタを解除したシート

オートフィルタを設定/解除するコードはどちらも「AutoFilter」です。
 ・オートフィルタが設定されていない状態でAutoFilterを実行すれば設定
 ・オートフィルタが設定されている状態でAutoFilterを実行すれば解除
されます。

PR

参考

オートフィルタ関連の記事は他にもあります。
あわせてご確認ください。

【VBA】オートフィルタを利用して、条件に一致した行ではない行を削除する
【VBA】オートフィルタを利用して、条件に一致した行のみを削除する
【VBA】オートフィルタを設定し、複数の列で絞り込む
【VBA】オートフィルタを設定し、日付で絞り込む
【VBA】オートフィルタを設定し、文字色で絞り込む
【VBA】オートフィルタを設定し、ワイルドカードを使用して条件を絞り込む
【VBA】オートフィルタを設定し、セルの背景色で絞り込む
【VBA】オートフィルタの条件をクリアして、全てのデータを表示する
【VBA】オートフィルタを設定し、1つの列に複数の条件で絞り込む
【VBA】オートフィルタを設定し空白で絞り込む
【VBA】オートフィルタを設定し絞り込み(数値)をして、絞り込んだ結果の件数を取得する
【VBA】オートフィルタを設定し絞り込み(文字列)をして、絞り込んだ結果の数値の合計を取得する
【VBA】オートフィルタの設定/解除をする
タイトルとURLをコピーしました