【VBA】行や列を削除する

行や列を削除する方法は
複数あります!

ここでは私が可読性が良いと考える方法を
記載します!

PR

VBAコード

ここでは例として、シート「sample」の
 ・6行目
 ・2列目(B列)
 ・D列
を削除するVBAコードを記載します。

Sub sample()
    
    '*****************
    '行の削除
    '*****************
    '6行目を削除
    Worksheets("sample").Rows(6).Delete
    
    '*****************
    '列の削除
    '*****************
    '2列目(B列)を削除
    Worksheets("sample").Columns(2).Delete
    'D列を削除
    Worksheets("sample").Columns("D").Delete
    
End Sub

列の削除は
 ・Columns(2).Delete・・・列番号を指定
 ・Columns(“D“).Delete・・列のアルファベットを指定
のどちらでも出来ます。
※「列のアルファベットを指定」の方がより可読性が良いと思うため、こちらをオススメします。

PR

備考(同等の処理をマクロの記録で作成すると…)

マクロの記録で上記と同等のVBAコードを自動生成すると、以下のように冗長なVBAコードが作成されてしまいます。

可読性を良くするために、マクロの記録で自動生成されたVBAコードをそのまま使用するのは控えましょう。
※そのまま使用すると、他人に引き継ぐ際に引き継ぎされた人は大変な思いをすることになります…。
※参考のために、マクロの記録を使用してVBAコードを自動生成するのはアリです。


タイトルとURLをコピーしました