【VBA】フォルダを新規作成する

フォルダを新規作成する方法は複数ありますが!

この記事では
 ・「FileSystemObject」を使用する方法
を記載します!

FileSystemObjectは
 ・多機能で便利
です!

作成したいフォルダの
 ・存在確認を行い
 ・存在しない場合のみ新規作成
します!
※存在するフォルダの作成を試みるとエラーとなるため。

PR

VBAコード

ここでは例として、
 ・デスクトップ配下にフォルダ「folder_001」を新規作成
します。

Option Explicit

Sub sample()
    
    Dim fso As Object
    Dim folderFullPath As String
    
    '作成するフォルダのパスを指定
    folderFullPath = "C:\Users\user\Desktop\folder_001"
    
    Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    
    'フォルダの存在確認
    If fso.FolderExists(folderFullPath) = False Then
        '新規作成
        fso.CreateFolder (folderFullPath)
    End If
    
    '後片付け
    Set fso = Nothing
    
End Sub

「FileSystemObject」の「createFolder」メソッドによって、フォルダを作成します。

エラーが発生しないように、作成する前に作成するフォルダの存在確認をしています。

PR

実行結果

フォルダを新規作成できました。

フォルダを新規作成できた
フォルダを新規作成できた
PR

参考

上記のVBAコードで使用した以下の詳細については、公式サイトをご確認ください。

●「FileSystemObject」の「createFolder」メソッド

PR

「フォルダ」と「ディレクトリ」について

どちらも「ファイルの入れ物」です。一般的に
 ・Windowsでは「フォルダ」
 ・LinuxやMac OS等では「ディレクトリ」
と呼び分けられています。

ただ例えばLinuxにおいて「フォルダ」という言葉を使っても問題無く話が通じるため、あまり気にする必要は無いと考えます。

イチイチ「Linuxではフォルダとは言わないよ。ディレクトリって言うんだよ」等と指摘をするのは無粋と考えます。
大らかな気持ちを持って過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました