【Excel 2019】ExcelでQRコードを作成する

この記事では
 ・Excel 2019を使用して
 ・手動でQRコードを作成する方法
を記載します!
※Excel 2019以外でもこの手順で出来るのかは未確認です。

QRコード

「Access」がインストールされていないことを前提として、
「Microsoft 365 Access ランタイム」のインストール手順から
記載します!
※Accessがインストールされている場合、「Microsoft 365 Access ランタイム」のインストールは
 不要です。

「Microsoft 365 Access ランタイム」は無料です!
※Accessと違い無料です。
※つまりExcelがあれば、QRコードは無料で作成できます。


なお
 ・VBAでQRコードを作成する方法
もあります!

詳細は以下の記事をご確認ください!



PR

実施した環境

今回の手順は以下の環境で実施できることを確認しました。
Accessはインストールされていません。

インストールされているOfiice製品
PR

「Microsoft 365 Access ランタイム」をダウンロードする

Accessがインストールされている場合、この手順は不要です。

手順

以下の公式サイトにアクセスする。



手順

「言語」に「日本語」を設定し、「64ビットのダウンロード」をクリックして、「OfficeSetup.exe」をダウンロードする。

インストーラーのダウンロードページ
ダウンロードされたインストーラー
PR

「Microsoft 365 Access ランタイム」をインストールする

Accessがインストールされている場合、この手順は不要です。

手順

ダウンロードした「OfficeSetup.exe」をダブルクリックして、インストールを開始する。

インストール中…


手順

インストールが完了したら、「閉じる」をクリックする。

インストール完了画面
PR

QRコードを配置する

手順

Excelを起動し、「開発」-「挿入」の右下にある「コントロールの選択」をクリックする。

コントロールの追加


手順

「Microsoft BarCode Control16.0」を選択し、「OK」をクリックする。

QRコード(コントロール)を追加

「Microsoft 365 Access ランタイム」をインストールすることで、「Microsoft BarCode Control16.0」が表示されるようになります。
※Accessがインストールされている場合は、当初から表示されています。


手順

シート上の任意の場所をクリックし、QRコードを配置する。

QRコード(コントロール)の配置
PR

QRコードの設定をする

手順

配置したQRコードを右クリックし、「Microsoft BarCode Control16.0 オブジェクト」-「プロパティ」をクリックする。

QRコード(コントロール)の設定変更1


手順

「スタイル」を「11-QRコード」へ変更し、「OK」をクリックする。

QRコード(コントロール)の設定変更2


手順

配置したQRコードを右クリックし、「プロパティ」をクリックする。

QRコード(コントロール)の設定変更3


手順

「Value」にアクセス先となるURLを設定し、「Enter」を押す。

QRコード(コントロール)の設定変更4

上記により、QRコードが完成します。

QRコード(コントロール)の完成


手順

右上の「✖」をクリックして、「プロパティ」を閉じる。

QRコード(コントロール)の設定画面を閉じる
PR

QRコードの読み取り確認をする

手持ちのスマホで作成したQRコードを読み取ったところ、設定したURLへアクセスできました!

スマホでQRコードを読み取った後の画面
スマホからQRコードを使用してWebサイトへアクセスした画面
タイトルとURLをコピーしました