【入力ミス防止】【利便性向上】セルに入力規則を設定して、入力ミスを防止する

Excelで作成したツール等の使用方法として、
利用者に特定のセルへ値を入力をしてもらいたい時も
あると思います!

ですが利用者による入力ミスにより、
ツールが正常に動かなくなると困ります!

入力規則を設定することで、入力ミスを防止することができます!

入力規則の種類

入力規則は以下の8つがあります。

No種類説明
1すべての値入力規則の設定無し。全ての値が入力可能。
2整数指定した範囲の整数のみ入力可能。
3小数点数指定した範囲の整数と少数のみ入力可能。
4リスト指定した範囲やデータのみ入力可能
5日付指定した範囲の日付のみ入力可能
6時刻指定した範囲の時刻のみ入力可能
7文字列(長さ指定)指定した範囲の文字数のみ入力可能。
8ユーザー設定指定した数式によって入力可能な範囲を指定する。

入力規則の設定する

ここでは例として
 指定した範囲(最小値と最大値)の整数のみ入力可能」の入力規則
を設定します。

また設定した入力規則に違反した値が設定された場合は
 エラーメッセージを表示
するようにします。

手順

入力規則を設定したい範囲を選択する。
※ここではセル「C3」~「C5」を選択します。

手順

「データ」-「データの入力規則」をクリックする。

手順

「設定」タブの設定を以下にする。

入力値の種類:整数
データ   :次の値の間
最小値   :1
最大値   :1000

手順

「エラーメッセージ」タブの設定を以下にして、「OK」をクリックする。

無効なデータが~ :チェックを付ける
スタイル     :停止
タイトル     :入力エラー
エラーメッセージ :1~1000の間の値を入力してください。

結果

入力規則を設定したセルに「1001」を設定を試みると、エラーメッセージが表示され入力できないようになりました。

タイトルとURLをコピーしました