WinMergeでExcelファイル全体(全シートとVBAコード)を比較する

DIFFツールであるWinMergeを使用して、
 ・指定した2つのExcelファイル(全シートとVBAコード)を
 ・比較し差分の有無を確認
できます!

PR

前提

WinMergeがインストール済みであること。

WinMergeのインストーラーは以下のページで取得できます。


PR

手順

手順

「ファイル」-「その他」-「オプション」-「トラストセンター」-「トラストセンターの設定」をクリックする。

Excelの設定変更画面①


手順

「マクロの設定」の「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」に
チェックを入れ「OK」をクリックする。

Excelの設定変更画面②


手順

「OK」をクリックする。

Excelの設定変更画面③

上記の設定変更を実施することで、WinMergeがVBAにアクセスできるようになり、
VBAコードを比較できるようになります。
※VBAコードの比較を行わない場合は不要です。


手順

WinMergeを起動して、比較したい2つのExcelファイルを指定する。

WinMergeの操作画面①


手順

「ファイル:展開プラグイン」の「選択」をクリックする。

WinMergeの操作画面②


手順

「ファイル展開プラグイン」に「CompareMSExcelFiles.sct」を指定して「OK」をクリックする。

WinMergeの操作画面③


手順

「比較」をクリックする。

WinMergeの操作画面④


手順

比較結果が表示されることを確認する。
※下記は差分があった場合の結果です。

WinMergeの差分結果画面



例えば
 ・ExcelファイルのシートやVBAコードを修正した際
 ・必要な個所のみを修正していることの確認したい時
に、Excelファイル全体(全シートとVBAコード)を比較します。

比較し差分チェックすることで、
不必要な個所を修正してしまったことによる
デグレ等の事故を防止できます!

タイトルとURLをコピーしました